RECOMMEND
しずおかの文化新書12 植物の富士登山 〜植物の垂直分布や植生から見える富士山の姿〜
しずおかの文化新書12 植物の富士登山 〜植物の垂直分布や植生から見える富士山の姿〜 (JUGEMレビュー »)
岡 秀一,下田 路子,河村 正幸,菅原 久夫,鈴木 啓造,鈴木 大治,カーコスキー 朱美,鈴木 一記,八木 洋行
RECOMMEND
しずおかの文化新書11 〜漆喰鏝絵 天下の名工〜 伊豆の長八・駿府の鶴堂
しずおかの文化新書11 〜漆喰鏝絵 天下の名工〜 伊豆の長八・駿府の鶴堂 (JUGEMレビュー »)
日比野 秀男,安本 收,鈴木 啓造,鈴木 大治,カーコスキー 朱美,八木 洋行
RECOMMEND
しずおかの文化新書9 しずおかSF 異次元への扉〜SF作品に見る魅惑の静岡県〜
しずおかの文化新書9 しずおかSF 異次元への扉〜SF作品に見る魅惑の静岡県〜 (JUGEMレビュー »)
宮野 由梨香,鼎 元亨,石和 義之,関 竜司,磯部 剛喜,高槻 真樹,岡和田 晃,横道 仁志,鈴木 啓造,鈴木 大治,カーコスキー 朱美,小梅
RECOMMEND
しずおかの文化新書8 シリーズ知の産業 しずおかオートバイ列伝
しずおかの文化新書8 シリーズ知の産業 しずおかオートバイ列伝 (JUGEMレビュー »)
八木 洋行,藤倉 幸,榎戸 真弓,鈴木 啓造,鈴木 大治,カーコスキー 朱美,鈴木 一記
RECOMMEND
実践 ホスピタル・プレイ
実践 ホスピタル・プレイ (JUGEMレビュー »)
松平 千佳,フランシス・バーバラ,江原 勝幸,森 裕樹
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
しずおかの文化新書5 恐るべし!? 外来生物 〜しずおかに侵攻する生物の実態〜
しずおかの文化新書5 恐るべし!? 外来生物 〜しずおかに侵攻する生物の実態〜 (JUGEMレビュー »)
八木 洋行,杉野 孝雄,三宅 隆,北川 捷康,國領 康弘,板井 ?彦,平井 剛夫,鈴木 啓造,鈴木 大治,カーコスキー 朱美,小梅
RECOMMEND
しずおかの文化新書2 シリーズ知の産業 しずおかホビーは凄い!
しずおかの文化新書2 シリーズ知の産業 しずおかホビーは凄い! (JUGEMレビュー »)
八木 洋行,芳賀 正之,榎戸 真弓,オオゴシ* トモエ,大村 和男,鈴木 啓造,鈴木 大治,カーコスキー 朱美
RECOMMEND
しずおかの文化新書1 シリーズ富士山 人はなぜ富士山頂を目指すのか
しずおかの文化新書1 シリーズ富士山 人はなぜ富士山頂を目指すのか (JUGEMレビュー »)
八木 洋行,荻野 裕子,堀内 眞,池谷 圭次,梶山 沙織,野本 寛一,鈴木 啓造,萩田 博,鈴木 大治
RECOMMEND
しずおかの文化新書3 しずおか竹取物語
しずおかの文化新書3 しずおか竹取物語 (JUGEMレビュー »)
八木 洋行,重岡 廣男,鈴木 一記,柏木 治次,鈴木 啓造,鈴木 大治,カーコスキー 朱美
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

駿河三文オペラ

スタッフの日常を伝えるブログ
弊社発行「実践 ホスピタル・プレイ」が雑誌で紹介されました
0
    今日の静岡はとても暖かいです。
    なんだか、むにゃむにゃ、とても眠くなってしまいます。
    春眠〜といった感じの、心地よい気候になってきましたね。

    さて、
    弊社発行の「実践 ホスピタル・プレイ」が、
    医学専門誌で紹介されましたので、ご報告いたします。
    「実践 ホスピタル・プレイ」の詳細はこちら→

    実践 ホスピタル・プレイ



    ・「感染制御」第8巻第1号 平成24年2月25日発行

    「感染制御」第8巻第1号 平成24年2月25日発行


    ・月刊「医師国試対策(KOKUTAI)」2012年5月号

    月刊「医師国試対策(KOKUTAI)」2012年5月号


    どちらも医療関係者の方が手に取る雑誌ではございますが、
    もし見かけるようなことがあれば、ぜひご覧いただければ幸いです。

    また、この場で大変恐縮とは存じますが、各編集部にお礼申し上げます。

    とりいそぎ、ご報告まで。
    | おしらせ | 15:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    CONCIERGE(コンシェルジュ)2012 静岡県中部版
    0
      今日は一日雨ですね。
      久々のブログ更新です。

      みなさまいかがお過ごしですか?

      さて、ご報告が遅くなりましたが、
      弊社の住宅雑誌
      「CONCIERGE(コンシェルジュ)2012 静岡県中部版」
      が発行されましたので、ご報告いたします。

      CONCIERGE(コンシェルジュ)2012 静岡県中部版

      今回の表紙は、久保田建設さん。

      この間、新静岡セノバ内の丸善&ジュンク堂書店さんに行ったら、
      ブルータスカーサやエルデコと同様、面置きされていました!
      全国誌にも負けない、かっこよさです☆☆☆

      また、今回の特集は、
      「無垢フローリングの魅力」をテーマに、
      無垢フローリングの魅力を余すことなく紹介しております。
      (でも、やっぱり実物をみないと、その良さは伝えきれないんですけどね。。。涙)
      ちなみに、表紙のフローリングは、タガヤサンという木を使っています。
      本誌内で紹介している物件では、
      スギ、ヒノキ、パイン、メープル、チーク、バーチ、オークなどが見られます。

      静岡県内の書店もしくは、
      弊社のインターネット販売サイト「SOUHEKI-SHA. BOOK SERVICE!」
      にて販売しております。

      ぜひ、書店にて、お手にとっていただけたら幸いです。
      | おしらせ | 18:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      「ホスピタル・プレイ・スペシャリスト」って何?
      0
        突然ではございますが、、、
        「ホスピタル・プレイ・スペシャリスト」
        という言葉をご存じですか?

        「ホスピタル・プレイ・スペシャリスト」とは、
        遊びを使って病児や障害児を支援する専門職のことです。

        イギリスの病院では、すでに小児医療チームの一員として配属されていますが、
        日本では、静岡県立大学短期大学部に事務局があり、
        じわじわと注目を集めてきている職種なのです。

        日本の医療現場では、
        まだ、子どもが子どもらしく、本来の発達を保障されるために不可欠な
        「遊び」の視点が欠けている側面があると言われています。

        そこで、もっともっと多くの方に、
        「ホスピタル・プレイ・スペシャリスト」の存在を
        知っていただくことができたらと考えています。

        で、なんで、突然、創碧社ブログで「ホスピタル……」?
        なんて思っている方もいらっしゃるかと思うので、
        ご説明すると、、、

        実は、弊社で、
        静岡県立大学短期大学部の松平先生の編著書
        「実践 ホスピタル・プレイ」
        を発行させていただいたからなのです!



        ☆「実践 ホスピタル・プレイ」特設ページ(試し読みページあり)
        http://souheki.jp/hps/
        ☆ HPS Japan 公式ホームページ
        http://bambi.u-shizuoka-ken.ac.jp/hps_site/

        一人でも多くの方に、
        「ホスピタル・プレイ」というものがあることを知っていただけたらと思い、
        創碧社ブログで紹介させていただきました。

        ぜひ、ご興味があれば、試し読みでも構いませんので、
        ご覧いただければ幸いです。


        評価:
        松平 千佳,フランシス・バーバラ,江原 勝幸,森 裕樹
        創碧社
        ¥ 2,100
        コメント:遊びを使って病児や障害児を支援する専門職「ホスピタル・プレイ・スペシャリスト」の仕事と、医療現場で行われた実践例を紹介した一冊。日本の小児医療の現場にも、必ず1人はスタッフとして必要になる時が来る!?

        | - | 14:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        弊社が制作を担当した本をもろもろご紹介します!
        0
          更新が滞っておりまして、すみません!(汗汗)

          もう、2月も半ば。。。

          弊社が担当した制作物で、2012年に発行したものをご紹介させていただきます★

          2012年1月20日
          しずおかの文化新書6
          「お茶王国しずおかの誕生〜江戸の名茶から世界の静岡茶まで〜」
          発行:静岡県文化財団



           しずおかの文化新書、発行第6弾! 
           静岡を代表する茶文化研究の第一人者である中村羊一郎先生の書き下ろし。
           静岡にお茶が入ってきたのはいつ頃? どのようにして広まった? 
           静岡のお茶産業の発達はどんなキッカケがあったのか? など、
           なぜ静岡がお茶で有名になったかのルーツが、この一冊にぎゅっと詰まっています。

          ★特設サイト 「地域をめぐる知の冒険『しずおかの文化新書』」

          2012年2月11日
          「実践 ホスピタル・プレイ」
          発行:創碧社 ※ネット先行販売



           静岡県立大学短期大学部准教授・松平千佳先生の本です。
           本書では、遊びを使って病児や障害児を支援する
           専門職「ホスピタル・プレイ・スペシャリスト(HPS)」の仕事と、
           医療現場で行われた実践例を紹介しています。
           実際に現場で行われたプレイ・プログラムのデータや、
           静岡県立大学短期大学部が東日本復興支援として行った
           「HPSスマイルプロジェクト」の様子も掲載しています。

          ★特設サイト 「実践 ホスピタル・プレイ」

          2012年2月23日
          【しずおかの文化新書7】
          「湧水 〜富士山に消える24億トンの水の行方〜」
          発行:静岡県文化財団



           日本一の山・富士山における水資源と、その恵みについて取りあげた一冊。
           富士山の水資源については、
           地質学のオーソリティー・土隆一先生(静岡大学名誉教授)が
           学術データをもとに紐解きます。
           また、富士山麓における湧水の恵みについては、
           八木洋行編集長が直接現地に行って取材しています。
           ワサビ、養鱒、紙漉きなど、
           富士山麓ならではの産物や産業にスポットをあて、そのルーツを巡ります。

          ★特設サイト 「地域をめぐる知の冒険『しずおかの文化新書』」

          「しずおかの文化新書」については、県内書店の店頭にもならんでおりますので、
          ぜひお手にとってご覧いただければ幸いです。


          評価:
          中村 羊一郎
          静岡県文化財団
          ¥ 500
          (2012-01-20)
          コメント:しずおかの文化新書、発行第6弾! 静岡を代表する茶文化研究の第一人者である中村羊一郎先生の書き下ろし。静岡にお茶が入ってきたのはいつ頃? どのようにして広まった? 静岡のお茶産業の発達はどんなキッカケがあったのか? など、なぜ静岡がお茶で有名になったかのルーツが、この一冊にぎゅっと詰まっています。

          | しごと | 11:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          「マスコミ」と「こういったの」
          0
            営業Tです。本当に久しぶりの自社ブログ更新です。

            滞っていたのではなく、充電していたということで、

            ご了承ください。



            今日で2012年の仕事始めから1週間が経過。

            あっという間ですね。年始の挨拶まわりの中で、

            「今年はますますスマートフォンが普及するんだよなー。

            昨年、フェイスブックとかツイッターが広がったけど、

            広告業界もマスコミから、こういったのへ

            ますます移っていくんじゃないのかなー。」

            と話す経営者の方がおりました。



            個人的にはその内容が気になりましたが、

            「こういったの」の別の上手い表現はないか、が

            メインテーマになりました。

            「SNS」とか、「口コミ」とか、「ローカルコミュニケーション」とか

            いろいろ出ましたが、どれも「マスコミ」に対しての対義語として

            しっくりこないね、という結論になりました。



            マスコミの反対の言葉で、ピタッとハマる言葉が

            今年は生まれてくるのでしょうか。

            そのあたりに注目しながら、1年走りたいと思います。

            関係者の皆様、本年も何卒よろしくお願い申し上げます。
            | しごと | 21:36 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |